パーフェクト ワールド

Pocket

何気ない普段の生活や家族との触れ合いにもっと感謝をするべきと感じさせる映画

1993年製作 アメリカ 138分

監督

クリント・イーストウッド

 

キャスト

ケヴィン・コスナー クリント・イーストウッド T・J・ローサー ローラ・ダーン

 

撮影ロケーション・情景

60年代アメリカテキサス州テクサーカナ

 

 

パーフェクト ワールドのあらすじ

1960年代初期のアメリカテキサス州が舞台。車泥棒の罪で服役していたブッチ(ケヴィン・コスナー)は同刑務所に収監されていたテリーと一緒に脱獄を図り、途中押し入った民家のひとり息子フィリップ(T・J・ローサー)を人質にとり逃亡する。しかしブッチとテリーは性が合わず、ブッチは途中、フィリップに危害を与えようとしたテリーを銃殺してしまう。

自分を助け正義感溢れるブッチに対し、母子家庭で育ち、父親の存在を知らないフィリップは犯罪者であるブッチにどこか父親像を重ね合わせる事でブッチに親しみを感じ逃亡の手助けをする。

一方ブッチもフィリップと関わりを持つことで父親がいなかった自身の寂しさをフィリップの境遇と重ね合わせ心を開いていく。

そんなブッチは過去に一度だけ父親から絵葉書をもらった事がある。ブッチはそれを今でも大切に持っている。そこに書かれていたのはアラスカから届いた父からのメッセージだった。そしてブッチはフィリップを連れてアラスカを目指す事を決意する。

 

 

 

パーフェクト ワールドのレビュー・感想

父親を知らないフィリップに父親の代り役をしようとするブッチの優しさ

フィリップを人質にとり逃亡を図るブッチですが、自身の子供の頃の父への寂しさがフィリップの父親の存在を知らない境遇と重なり合って、今までフィリップがしたくてもできなかったあらゆる体験をブッチは父親の代り役をするかのようにフィリップに経験させ教訓や真の生き方を教示していくんですね。

ハロウインでの振る舞い方、感謝を持つ心、家族を守ることの重要性、あらゆることをブッチはフィリップに教え込んでいく。このあたりは犯罪者らしからぬ極々普通の優しい父親の顔が垣間見れます。もし、ブッチが犯罪者でなければフィリップの良き父になることが出来たかもしれない。いや、そうなって欲しい。そうすればフィリップは父親の強さと愛情を感じながら違った人生を歩む事も出来ただろうと思います。

僕たちは普段マンネリ化した生活に変化を求め、ついつい不満や愚痴を零してしまうもの。しかしこの映画を観るとそんな普段の何気ない生活や家族との触れ合いに、もっと感謝をするべきだし、それができる事を幸せに思わないといけないという事を痛感させられます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です