天使のくれた時間

Pocket

過去恋愛の回想をミステリアスに描いた“もしも世界”

2000年製作 アメリカ 125分

監督

ブレット・ラトナー

 

キャスト

ニコラス・ケイジ ティア・レオーニ ドン・チードル ジェレミー・ピヴェン ケイト・ウォルシュ

 

撮影ロケーション・情景

ニューヨークウォール街 会社社長 クリスマス フェラーリオーナー タワーマンション アメリカのデパート タイヤショップ 空港

 

 

天使のくれた時間のあらすじ

1987年 バークレー銀行の研修を受けるためにパンアメリカン航空ロンドン行き2便を搭乗ゲートで待つジャック(ニコラス・ケイジ)を見送りに来ていた彼の恋人ケイト(ティア・レオーニ)は「いやな予感がする ロンドンには行かないで」と彼のロンドン行を止める。しかし彼は「将来の二人の幸せのためだ」と彼女の言葉を振り切りロンドンに旅立ってしまう。

 

 

それから13年後、ジャックはニューヨークウォール街で大手金融会社の社長として成功し、マンハッタンのタワーマンションの最上階に住むなど、何不自由無い人生を歩んでいた。そんなジャックはクリスマスイブの夜、仕事帰りに立ち寄ったコンビニで宝くじの換金に難癖をつけ店員に銃を突きつける黒人青年キャッシュ(ドン・チードル)に遭遇する。ジャックは何とかその場を収め、キャッシュを外に連れ出し「まともな人生を歩め」とキャッシュを救おうと諭す。「ちゃんと働けば欲しいものが何でも手に入るぞ」というジャックの言葉にキャッシュは「なら、お前は何が必要なんだ」と切り替えし、「僕は何でも持っている」とジャックは言い放ち家路に向かう。

 

 

タワーマンションに帰ったジャックは眠りに就くが翌朝目が覚めるとそこには13年前に別れたはずのケイトと2人の子供の姿があった。そしてそれは自分の送っているゴージャスな生活とはかけ離れた何とも庶民的な世界だった。

 

 

天使のくれた時間のレビュー・感想

過去恋愛の回想

ネタバレになってしまいますが、ジャックが目を覚ました世界とは、もし自分がロンドン研修に行かず、あのままケイトと結婚していたらどんな生活を送っていたのかという一抹の懸念が「もしも世界」として夢となり描写されたもの。その点から言えば本来の社長として成功しているジャックの姿と、庶民的ではあるが家族に囲まれそこそこ幸せな人生を送る「もしもジャック」の生活感のギャップがリアルで凄く分かりやすいです。

誰でも一度は過去の恋愛を回想し、「あのまま続いていたら・・・」と「もしも世界」に想いを巡らせる人も多いでしょう。その先の答えは誰にもわからない、そんな答えの曖昧さにときめきを感じる部分もあれば、逆に未知の怖さを感じる部分もある。そこが人生のミステリアスなところなんでしょうね。

しかしどんな選択をしたとしても、「自分の選んだ今の人生を後悔しないよう最善を尽くす」これに尽きると思います。過去の恋愛の回想は悪い事ではないけれど、それを引きずる事は悪だと思います。何のメリットも生まれませんからね。

この映画は本当の幸福とは何か?家族とは何か?恋愛とは何か?をセオリーとしてではなく、あくまでも映画を観た人たち各々が自分で答えを見いだせるよう投げかけてくれます。

 

ティア・レオーニがキュート

そして、見どころのもう一つはケイト(ティア・レオーニ)が半端なくキュートでセクシーな事。はなから美人の女優さんですがメイクアップアーティストさんの仕事ぶりの凄さを感じます。若き時代を演じるケイト、家事育児に追われる母親としての顔を持つケイト、そして独身のやり手弁護士で上品なキャリヤウーマンを演じるケイト。これをリアルに醸しだしているあたりが上手ですね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です