アンフィニッシュ・ライフ

Pocket

アメリカの大自然を満喫できる素晴らしいロケーション

2005年製作  アメリカ  104分

監督

ラッセ・ハルストレム

キャスト

ジェニファー・ロペス  ロバート・レッドフォード  モーガン・フリーマン  ジョシュ・ルーカス  ダミアン・ルイス  カムリン・マンハイム  リンダ・ボイド

 

撮影ロケーション・情景

アメリカの片田舎  ワイオミング州  trailways bus アメリカ山脈 熊 牧場 保安官

 

 

アンフィニッシュ・ライフのあらすじ

 

日頃から恋人ゲイリー(ダミアン・ルイス)からDVを受けていたジーン(ジェニファー・ロペス)はゲイリーの凶暴さに堪えきれず一人娘グリフを連れて家を飛び出した。

宛てもないまま車を走らせるジーンであったが途中エンジンが故障し車は全く動かなくなった。

 

そこに通りがかったバイクの青年の助けを借りサウスダコタ州スーフォールズまで乗せてもらう。スーフォールズで降ろされた二人は地図を広げこの先どこに行こうか悩んでいたがジーンはワイオミングへ行くことをグリフに告げた。ワイオミングは今は亡きグリフの父グリフィンの生まれ故郷であり、グリフィンの父アイナー・ギルキソン(ロバート・レッドフォード)が牧場を営んでいたからである。

 

しかしジーンはギルキソン家とは疎遠になっていてグリフには祖父アイリーの存在を知らせていなかった。牧場に着くとジーンはアイナーに「あなたの孫よ」とグリフを紹介した。しかしアイナーは「何しに来た」と言わんばかりに二人を歓迎しなかった。アイナーは愛息子グリフィンを交通事故で亡くしておりその時運転していたジーンに怒りの矛先を向けしこりを残していたからである。歓迎されていないことを分かっていたジーンであったが、お金も底をつき切羽詰まったジーンは1ヶ月だけという約束でアイナーに頼み込み牧場で暮らす事になる。

 

アイナーの家には友人ミッチ・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)が居候として一緒に暮らしていた。ミッチは一年前アイナーの仔牛を襲っている凶暴なヒグマを追い払おうとして大怪我を負ってしまい不自由な身体になってしまっていた。ある朝アイナーからミッチのところに朝食を届けるよう頼まれたグリフはミッチの痛々しい姿に初めは直視できないほどでいたが、ミッチはやさしかったためすぐに打ち解けることが出来た。

一方アイナーは、可愛い孫娘ができたというのに息子グリフィンの死を未だにジーンのせいにし恨んでおり中々二人に心を開こうとしなかった。

 

アンフィニッシュ・ライフのレビュー・感想

 

ワイオミングの大自然の中での撮影という事もあって、とにかく映像が綺麗。周辺にはスーパーやコンビニなどはもちろん皆無で、日々の生活をするうえでは不便な場所なんでしょうが、アメリカの片田舎に憧れる私にとって移り住むとは言わないまでも一日・二日ここで暮らしてみてもいいかなぁって思ってしまうほどの素晴らしいロケーションです。

ロバート・レッドフォードもこの時80歳近い年齢ですが、さすがはアメリカ人。ジーンズ姿がよく似合い歳を感じさせません。

ロバート・レッドフォードが演じるアイナーは子供に先立たれ未練な気持ちを引きずる父親を演じますが、アイナーがレストランでウエートレスに粗暴を振るう不良たちにフォークを突きつけ「人生は一瞬で変わるぜ」と言ったセリフがアイナーの今の気持ちをうまく表現していていいセリフだなあと思いました。そしてその後、「分かったか?!」と言って若造の帽子を払い飛ばすシーンがありますが、その立ち回りが演技とは思えないほどリアルで観ていて気持ちいいです。

モーガン・フリーマンはこの映画では主役ではないけれど、なんていうか、いつも冷静に客観的な目をもって主人公を戒飭する役が多いのですが、こういう役をやらせるとやっぱりフリーマンは上手で説得力がありますね。熊にあれほどの大怪我をさせられても「本能だから仕方がない」と言わんばかりに熊をどこかで許している所が実に寛大で器が大きい。

ロバート・レッドフォードが演じるアイナーにしても息子を嫁に殺されたと思い込んでいてジーンを中々許そうとしないんですが、それでも一生懸命に自分を変えようと努力している。誰かを責める事は簡単ですが、“許す” 術を養うことも人生ではすごく大事だなあって思います。

また特典映像に「静止画集」と称した95枚の撮影風景が盛り込まれています。先述したように映像(画像)がとても綺麗でアメリカの大自然を満喫できます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です