あなたに降る夢

Pocket

寛大な心をもつ警官と心優しきウェイトレスの心温まる恋愛ドラマ

1994年製作  アメリカ  101分

監督

アンドリュー・バーグマン

キャスト

ニコラス・ケイジ  ブリジット・フォンダ  ロージー・ペレス  ウェンデル・ピアース  スタンリー・トゥッチ  リチャード・ジェンキンス

 

撮影ロケーション・情景

ニューヨーク アメリカンポリス 宝くじ ホテル 破産

 

 

あなたに降る夢のあらすじ

宝くじのお告げ

ニューヨークで警官として働くチャーリー・ラング(ニコラス・ケイジ)はとても庶民的で人懐っこく困った人をみれば放っておけない正義感の強い人気者であった。ある日チャーリーが洗面台で髭をそっていると隣でシャワーを浴びる妻ミュリエル(ロージー・ペレス)から「明日宝くじを買ってきて」と頼まれる。ミュリエルは昨晩スロットマシーンでチェリーを3つ並べた夢を見て「これは宝くじが当たるお告げ」と信じ込んでいた。

チャーリーとイボンヌの出会い

翌日チャーリーは相棒のボー(ウェンデル・ピアース)と外回りをしている途中宝くじを買った。そして丁度昼時間であったため近くのレストランで昼食をとる事に。そこにはイボンヌ(ブリジット・フォンダ)がウェイトレスとして働いていた。イボンヌは元夫の金銭トラブルで破産宣告を受けていたが、そんな窮乏した状態でも客に優しく接し、一生懸命に働く美しい女性だった。チャーリーたちが注文を済ませコーヒーを飲んでいると急遽、緊急出動の無線が入った。

コーヒーしか口にしていないチャーリーはお勘定を済ませようとレジに向かうが、財布にお金が入ってなくチップを払えない状況にあった。それを聞いたイボンヌは「チップは結構よ」とチャーリーに言うがチャーリーは宝くじを買ったことを思い出し、宝くじが当たったら当選金の半分をチップとして渡し、当たらなくても明日チップを払いに来るとイボンヌに約束した。イボンヌは冗談半分に話を聞いていたがチャーリーは本気でそう思っていた。

奇跡の高額当選

その夜、テレビを観ていたミュリエルが突然大声をあげた。なんとチャーリーが買った宝くじが400万ドルという大金に当選したのである。大声で叫びながらミュリエルは喜んだがチャーリーは神妙な面持ちだった。イボンヌに当選金の半分を渡す約束を思い出したからである。

チャーリーはミュリエルにその事を打ち明けるとミュリエルは「200万のチップなんてありえない」と憤慨した。それでも生真面目なチャーリーは「約束したんだ」と当選金の半分200万ドルをイボンヌに渡すと言い張った。

翌日チャーリーは相棒のボーに約束を守るべきかチップだけを渡し当たらなかった事にするべきか相談した。するとボーは「君なら正しい事をする」と意味深な事を言い、それを聞いたチャーリーはイボンヌが働くレストランに向かった。イボンヌは「きのうはごめんなさい。人生最悪の日でイライラしていた」とチャーリーに詫びた。チャーリーはイボンヌから破産宣告を受けた話を聞くと、約束通り当選金の半分200万ドルを渡すとイボンヌに告げた。それを聞いたイボンヌは「からかわないで!」と最初不機嫌そうな顔をするが、それが事実だと知ると、喜びと驚きで有頂天になり店内にいるお客全員にアイスクリームを振る舞った。

ニューヨークで一躍時の人に

それから数日後マンハッタンで宝くじの当選授賞式が行われた。当選金の半分をウェイトレスに譲渡したことが話題になりそこにはイボンヌも招かれた。チャーリーはインタビューで見ず知らずの他人に200万ドルも譲渡した事を問われると「約束は約束です」と答え記者たちを驚かせた。この事が翌日の新聞のトップニュースとして取り上げられ、チャーリーとイボンヌは一躍ニューヨークで時の人となる。

億万長者の集い

一方、当選金額は半減したものの200万ドルという大金を手にしたミュリエルはブランド物を買い漁りチャーリーに相談もせず勝手にアパートをリフォームするなど浪費癖がエスカレートしていった。これが彼女の人生を次第に狂わせていく。

ある日チャーリーたちは宝くじミリオネアクラブが主宰する「億万長者の集い」に招かれる。華やかな豪華クルーズ船でのパーティーである。当然そこにはイボンヌも招かれていた。チャーリーはイボンヌが船つき場でタクシーの運転手と釣り銭の事で揉めているのを目撃する。チャーリーはイボンヌに「お釣りは結構です(金持ちだから)というんだ」といって笑った。そうこうしている内にクルーズ船が出港してしまい、船に乗り損ねたチャーリーとイボンヌは二人きりのディナーを楽しみ互いの身の上話しに花を咲かせた。

チャーリーとミュリエルの泥沼離婚劇

チャーリーを残し一人クルーズ船のパーティーで楽しむ妻ミュリエルは参加していた詐欺まがいの投資コンサルタント ジャック・グロス(シーモア・カッセル)に投資の手ほどきを受けていた。お金に欲をかくミュリエルはグロスにとって格好の餌であった。チャーリーとの生活より成金に走るミュリエルは当選金をイボンヌにくれたことに我慢できずチャーリーに離婚を迫る。

一方イボンヌは当選金の半分をもらったことを元夫に知られ金の無心をされる。チャーリーとイボンヌは共に家を出て、居場所を求ホテルへ移そうとするが奇遇にも二人は同じホテルで遭遇する。二人は意気投合し自然と結ばれた。

数日後チャーリーはミュリエルとの離婚協議のため、とあるオフィスを訪れていた。ミュリエルに雇われた敏腕弁護士は、当選金の既得権は全てミュリエルにあると主張した。そんな主張にチャーリーは「金はいらない。いざこざは嫌だ」といい、相手の要望をそっくりのんだ。しかしミュリエルの要求はそれだけではなかった。なんと、イボンヌに渡した200万ドルも返還するよう要求したのだ。これにはさすがのチャーリーも酷すぎると抗弁した。数日後裁判が行われた。ミュリエルの弁護士はチャーリーとイボンヌが不倫関係にあったと結論付け、陪審員への心証を悪くしたチャーリーは敗訴した。

それにより、もらった200万ドルを返還するはめになったイボンヌは開業したばかりのレストランも人手に渡る事となり、居たたまれなくなった彼女は裁判所を飛び出した。チャーリーはイボンヌを追うがチャーリーを不幸にしてしまった事に自責の念に駆られるイボンヌはチャーリーに「もう会わないほうがいい」と提言するがチャーリーのイボンヌに対する愛は変わらなかった。

それぞれの人生

無一文になっても二人の心は豊かさに溢れ、誰に対しても優しく接した。そんなある日、ホームレスが腹をすかせ二人に物乞いをすると、イボンヌたちは暖かいスープをふるまってやった。実はそのホームレスに扮した人物こそ、チャーリーたちを取材していたニューヨークポストの記者カメラマンであった。チャーリーとイボンヌの優しさを目の当たりにした記者は「ふたりの苦悩の日々」というコラムを掲載した。これにより二人の苦悩と優しさがニューヨーク市民に拡散され、二人には基金財団を通じニューヨーク市民から集めたチップが毎日のように届けられた。その総額はなんと60万ドルにも達していた。

その後チャーリーは怪我の為休職していた警官に復職しイボンヌは店を取り戻した。

一方ミュリエルは投資コンサルタントグロスと結婚するが、グロスはミュリエルの全財産を奪って逃亡した。

 

あなたに降る夢のレビュー・感想

 

大金を持った事のない人が大金を掴むとこうなっちゃうって事をミュリエルの結末がよく物語っているという感じですね。

結局最後に幸運を掴んだのは善人警官のチャーリーと心優しきイボンヌで、金に目が眩んだミュリエルは不幸のどん底にって事なんでしょう。

よく「お金がすべてじゃない」とか「愛があってもお金がなければ生きて行けない」とか色々言われますが、今回の場合は最後に愛が勝ったって事かな。

宝くじで高額当てるのも凄いけれど、その半分を単なる口約束であげちゃうところもまた凄い。でも、もっと凄いのがこの話が実話であるという事。多少なりとも脚色されているんでしょうけれど、宝くじに当たった事、イボンヌに半分上げた事、ミュリエルがグロスに騙されたことは事実なんでしょうから。

この映画25年以上前に作られたわけだから、実際の出来事はもう少し前になるんだろうけど、チャーリーにしてもイボンヌにしてもミュリエルにしても、この世のどこかにいる (亡くなっていたらごめんなさい)んだろうと思うと、それぞれが今、何を思い、どんな暮らしをしているのかがとても興味ありますね。

イボンヌみたいな美人さんじゃなくてもお金あげたの?ってな事も聞いてみたい(笑)

総合的に心温まるいい映画です。自分はチャーリーのような寛大さはないですが、でも、人に優しく、真面目にコツコツやっていれば、いつかきっといいことが起こるかもと素直に思いたくなる映画です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です