イエスマン “YES”は人生のパスワード

Pocket

“人生誰と出遭うか何と出遭うか”の重要性を気付かせてくれる映画

2008年製作  アメリカ  104分

監督

ペイトン・リード

 

キャスト

ジム・キャリー  ズーイー・デシャネル  リス・ダービー  -ブラッドリー・クーパー  ジョン・マイケル・ヒギンズ  テレンス・スタンプ  ダニー・マスターソン  フィオヌラ・フラナガン

 

撮影ロケーション・情景

ロサンゼルス 啓発セミナー ガソリンスタンド  スクーター  BMW3  銀行マン  公園  昇進  アメリカの片田舎  空港

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワードのあらすじ

 

ロサンゼルスで銀行に勤務するカール(ジム・キャリー)は3年前の離婚を引きずり全ての物事にたいして“NO”というネガティブな生き方をしていた。仕事上融資担当をしているが顧客の融資申請においても全てにおいて“NO”と却下し、友人からのパーティーの誘いや社会人としての人との付き合いにもとても消極的だった。

ある日カールは銀行のエントランスで友人ニック(ジョン・マイケル・ヒギンズ) と遭う。ニックはカールに「イエスマンになって人生が変わった」といいカールにもイエスへ入会するよう怪しげなセミナーの冊子を渡した。

 

 

それから数日後、相変わらずネガティブ生活を送るカールはある日、友人ピーター(ブラッドリー・クーパー)とルーニー(ダニー・マスターソン)がやってきてカールの人付きあいの悪さに陰口を言い去っていくという変な夢をみる。このままではいけないと自分を奮い立たせたカールは先日ニックから貰ったセミナーの冊子を思いだしセミナーに出かける。セミナーではイエスの教祖的存在であるテレンス(テレンス・スタンプ)がイエスという言葉の大合唱と共に颯爽と登場する。テレンスはビギナー参加者であるカールに目をつけ彼の隣席にやってきて“イエスマン”につい諄々と説いた。そしてカールはテレンスからネガティブ思考を指摘され今後一切“NO”と言わないよう誓いを迫られた。カールはテレンスの強引な言いっぷりに圧倒され、その場の雰囲気に押されるが、カールは“イエス”の誓いを立てるフリをしてその場をやり過ごした。

 

 

セミナーが終了し車で帰ろうとするとカールの元へホームレスがやってきてエリシアン公園まで乗せて欲しいと言う。返答に困っていたカールの所に一緒にセミナーに参加していたニックがやってきて「もちろんイエスだろ?」と煽り付けた。雰囲気に流されカールは仕方なくホームレスを乗せると今度は「ケータイ貸して?」や「お金貸して?」など図に乗った要求を次々としてきた。「もうどうにでもなれ」とばかりにカールは彼の要求に全て“イエス”で受け入れた。

公園に着くとカールはホームレスを降ろし引き返そうとするが途中で車がガス欠に。仕方なくカールはポリタンク片手に歩いて近くのガソリンスタンドに。するとそこにスクーターに乗ったアリソン(ズーイー・デシャネル)が給油にやってきた。“イエス”セミナーの余韻で独り言をつぶやくカールを、もの珍しく感じたアリソンはカールの写真を撮った。彼女は写真が趣味だった。給油をしながら二人は会話を交わし気心を通わせる。給油を終えたカールはアリソンのスクーターに乗せてもらい車まで送ってもらうがアリソンはスクーターを運転しながら片手運転でカメラを握り夜の街を疾走する仲睦ましいふたりを自撮りした。

車の置いてある場所に着くとカールはアリソンに恋心を囁きアリソンはカールにキスをした。それからというもの、カールは美しいアリソンに出会えたのは“イエス”に参加した事で、ポジティブな考えを持つようになった自分の心の変化が幸運をもたらしてくれたものと思うようになり次第に“イエス”の精神にのめり込んでいく。

 

 

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワードのレビュー・感想

 

気持ち的にとてもポジティブになれるいい映画です。大人に限らず小学生くらいの子供が観てもいいかなって思う映画ですが、ただ劇中カールと同じマンションに住むお婆さんとの下品な絡みがあるので如何なものか?と・・・

お婆さんの家の棚を作ってやったお礼は別な方法で表現して欲しかったですね(笑)。

 

この映画、自分の心の持ち方・考え方次第で人生は変わっていくという話ですがニックが「絶対後悔しないからセミナーに来い」とカールを啓発セミナーに誘いますがカールは初めはその気にならない。ビジネスでも何でもそうですが相手のためを思って言っているのに相手がそれを理解してくれない事ってがよくあります。それはそういった話が誰から来たのかという事が実はかなり重要で結果を大きく左右する。

人生誰と出遭うか何と出遭うか」というのはとても重要で、カールはニックと出遭い“イエス”の精神を崇拝するテレンスのセミナーと出遭って大きく人生を変えました。先述したように巷では「〇〇すれば人生が変えられる」だとか「〇〇でお金の心配から解放!」みたいな話で溢れていたりするけれど、それらの中身の信憑性はともかく、どんなにいい話でもその話が誰から来たのかっていう事が人にとっては凄く重要で、如何にいい話でも嫌いなやつから来た話なんて誰も聞く気にもならないし、たとえ人生が変わる話と解ったとしても「お前という人間のフィルターを通して成功話を聞きたくない」というのが誰でも本音にあると思う。だからこそ普段からの人との付き合い方って凄く大切なんだって思います。

結局カールに“イエス”の話を持ってきてくれたニックという男の人間性がよかったからこそカールは耳のシャッターを開けたのだと思うし、自分のマインド次第で人生は変えられるという事を痛切に感じました。正にウイリアム・ジェイムズが言った

・心が変われば行動が変わる。

・行動が変われば習慣が変わる。

・習慣が変われば人格が変わる。

・人格が変われば運命が変わる”

といった所でしょうか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です