アメリカン・ラプソディ

Pocket

親子の絆を再確認したくなったらぜひ観るべき映画

2001年製作 アメリカ 108分

監督

エヴァ・ガルドス

 

キャスト

ナスターシャ・キンスキー スカーレット・ヨハンソン トニー・ゴールドウィン エミー・ロッサム

 

撮影ロケーション・情景

1950年代冷戦下のブダペスト(ハンガリー)、アメリカ亡命、ハンガリー郡部、60~70年代ロサンゼルス、70年代ブダペスト(ハンガリー)

 

アメリカン・ラプソディのあらすじ

1950年共産独裁体制のハンガリーから逃れるためにアメリカに政治亡命したある一家の実話です。

この一家には生後間もない娘ジュジーがいるのですがアメリカへ渡るための手続きに手違いが生じ、ジュジーを一緒に亡命させることができず、一時的に里親に預けハンガリーに置いてアメリカへと向かいます。無事にアメリカへと亡命を果たした一家は自由を手に入れますが1人残したジュジーのことだけが気がかりでなりません。

結局一家はジュジーを渡米させることができないまま時が流れ、ジュジーが6歳になった頃、八方手を尽くしアメリカ赤十字社の力を借りてジュジーをハンガリーから呼び寄せることに成功します。しかしやっと再会した時には6年もの年月が経ってしまっていたためジュジーの気持ちは複雑です。

いつかは別れを告げなければならない事は解っていながらも、本当の娘のように6歳まで溺愛し育ててくれた優しい農夫婦をジュジーは真の両親と信じて疑わず、本当の両親に会えたのにもかかわらず「ハンガリーに帰りたい、パパとママに会いたい」と悩み続けます。

そんなジュジーに父は「お前が大きくなって、その時にまだ同じ気持ちでいるならハンガリーに帰ってもいい。ただそれまでは実母をママと呼んでほしい」と告げます。そしてジュジーが16歳になった時、それが現実となり故郷のハンガリーに里親と再会する旅に出るのです。

 

アメリカン・ラプソディのレビュー・感想

 

この映画を観終わって知ったのがこの作品の監督エヴァ・ガルドスという人がジュジー本人であるという事。幼少期のジュジーがたった一人飛行機に乗ってアメリカに旅立つ場面があるのですが、ジュジーにとって、どんなに不安で心細かった事か、これが自分の子供だったらと思うと涙が止まりません。

そんな辛い思い出が蘇るであろうに、実体験を映画にする事は心情的に簡単ではないはず。どんなに悲しい記憶でも仕事とはいえ目をそむけないで再現しなければならない中、いったいどんな想いでこのシーンを撮っていたのでしょう。最後のクレジットと一緒にに映し出されるジュジーと母親の再会を果たした時の実写真が一層涙を誘いますね。

 

赤ん坊を祖国に置き去りにしてしまった親と、本当の娘のように育てた親。どちらの立場に立たされたとしても双方の気持ちが痛いほど分かるいい映画です。親子の絆を再確認したくなったらぜひ観て欲しい作品のひとつです。

 

Pocket

最高の人生の見つけ方

Pocket

死ぬ前にやり残したことを実現する“”棺桶リスト”の旅

2007年製作 アメリカ 97分

監督

ロブ・ライナー

 

キャスト

ジャック・ニコルソン モーガン・フリーマン ショーン・ヘイズ ビヴァリー・トッド ロブ・モロー

 

撮影ロケーション・情景

棺桶リスト、ロサンゼルス、スカイダイビング、プライベートジェット、アフリカ、エジプト、インド、ヒマヤラ、香港、フューネラル・ホーム

 

最高の人生の見つけ方のあらすじ

共に死を宣告された二人の男が、死ぬ前にやり残したことを実現するために冒険の旅に出るという物語。妻、子供を養うために真正直に働き続けてきたモーガン・フリーマン演じる自動車修理工カーターは、ある日突然妻からの病院検査の報告を受け自分が病に侵されている事を知る。また一方、ジャック・ニコルソン演じる大富豪エドワードも、自身の経営する病院経営に伴う裁判の途中吐血し、エドワードが経営する病院に入院することになる。その同じ病室で二人は出会います。

 

 

共に死を宣告された二人の男が、死ぬ前にやり残したことを実現するために冒険の旅に出るという物語。妻、子供を養うために真正直に働き続けてきたモーガン・フリーマンが演じる自動車修理工カーターにある日突然妻からの病院検査の報告を受け自分が病に侵されている事を知る。また一方、ジャック・ニコルソン演じる大富豪エドワードも自身の経営する病院経営に伴う裁判の途中吐血し、エドワードが経営する病院に入院することになる。その同じ病室で二人は出会います。

最高の人生の見つけ方のレビュー・感想

アメリカの葬儀と日本の葬儀の格差

映画終盤、先に旅立ったカーター(モーガン・フリーマン)の葬儀で、エドワード(ジャック・ニコルソン)が彼について思い出や彼の事を式壇で語るシーンがあります。

よくアメリカ映画ではこういったシーンを見かけますがアメリカの葬儀でこれを「シェア」というそうです。文字通り、故人の思い出を参列者が“共有”するというものらしいのですが、そこに集まった親しい人たちが式壇に登壇し、故人に対する思い出や感謝の言葉を語るのだそうです。そんな風に故人を偲び、いなくなってしまった事の悲しみや故人への感謝等、そうして、喜怒哀楽を出し合うことで、各々が新たなステップを踏む足がかりになるのだそうです。確かにこういう機会がなければ前を向いて生きようとする新しい自分を見つけられません。

エドワードが、カーターとの思い出を語るその姿には、残された己の人生を全うしようとする決意がよく表れています。その点を考えると、お経中心の日本の葬儀はそういったものが少し忘れられているような気がします。

 

格言「正直は一生の宝」

 

この映画の“肝”である「死ぬ前にやり残したことを実現する【棺桶リスト】」。そのリストに「世界一の美女にキスをする」という目標をエドワードは勝手に加えてしまうのですが、何不自由なく生きてきたようなエドワードにも永年埋める事のできない心の葛藤があってその「世界一の美女にキスをする」という目標を思いもよらぬ形で最後に成し遂げるシーンはとても洒落ていてジーンときます。

 

 たとえ家族であっても(他人であっても)しばし人は些細なことで確執を作ってしまうもの。しかし原因はどうあれ、自分の気持ちに正直でいる事がいかにすばらしい結果をもたらすかという事をこの映画は教えてくれます。肝に銘じよう。「正直は一生の宝」。

 

 

 

Pocket